ページタイトル

仕事を知る

財務部 野本彩(2019年入社)

担当している仕事

財務部 野本彩(2019年入社)

まず経理の仕事は、財務会計、管理会計、税務会計の3つに分けられますが、会社の規模によって自分の携われる範囲が異なります。規模の大きい会社では、大抵の場合「経理部」のような専門部署が設置され、その上で財務担当、決算担当というように分業されていることがほとんどです。
会社の規模が小さくなればそれだけ1人が担当する業務も幅広いものになり、幅広い知識と対応力が求められます。
当社経理の特徴は、財務会計、管理会計から税務会計までを横断的に携われるというところです。
私は現在、財務部経理課で固定資産や減価償却の管理、毎月行われている経営会議の資料作成を担当しています。また、半期に一度の決算期には、税務申告書の作成、有価証券報告書の作成や会計士監査対応も行なっています。
当課では、ジョブローテーションを積極的に行なっているので、自分がやっていた業務を他のメンバーに教えるなど、アウトプットする機会も多く、勉強する毎日です。
幅広いスキルを積みたいと思い、トーハツを選びましたが、入社数年目でこれほど幅広く任せてもらえるとは、良い意味で想像以上でした。

印象的だった仕事のエピソード

財務部 野本彩(2019年入社)

毎月開催している、他部署向けの財務勉強会です。
財務勉強会は、財務部以外の社員に経営会議で使用している資料を使いながら 当社の財務状況の見方を教え、日々の業務に活かしていただくという目的で実施しています。
ある月の勉強会は、私が担当している固定資産や減価償却について工場部門の方々に説明する事となりました。
工場部門の方々は、日頃から固定資産と関わる仕事をしているので、 実際の業務と絡めてイメージしやすいように、業務で出てくる言葉も取り入れながら説明をしました。
説明用の資料を準備する段階では、財務の事に馴染みのない人にどのような説明であれば分かりやすいか?と考える事に時間を割きましたが、説明をしてみることで、自分自身も理解が深まりましたし、他部署の方との繋がりも出来る良い機会でした。
このようにトーハツは新しいことに積極的にチャレンジさせてもらえる環境があります。 今後は日々の業務を単に作業として流さず、一つ一つの数字が持つ意味を深く考え、広い視野を持って数字を分析・判断し、 経営戦略につなげられるような提案ができるような経理マンになりたいと考えています。

OFFの過ごし方

週末はカメラを片手に東京散策をすることが好きです。
運動不足も解消する上、知らないお店を発見できる面白さもありますし、散歩をすることで、思考がクリアになり、頭の中が整理されるのでお勧めです。
おすすめの散歩スポットは「浅草~神保町」です。最大で「志村坂上~東中野」まで歩いたことがあります。

学生の皆さんへ一言

自分に合った会社や仕事を見つける為に、自分は何が出来るのか、何がしたいのか、やりたいことを実現するためには何が必要なのかを洗い出し、 自分自身の価値観(軸)をよく知ることが大切です。
自己分析をし続けていくうちに、自分にとっての重視するポイントが明確になります。
ブレない軸をもとに徹底的に志望動機や自己PRを練り、自分に自信を持って気持ちを楽にして選考に挑んでいって欲しいです。
不安になることもあるとは思いますが、人生一度きりなので、諦めずにチャレンジしてください!




※登場する社員の部署およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

ページトップへ