【参】MRN:sup船外機

船外機を正しく選ぶ・使う

船外機に関する主なトラブルと原因・使用方法・点検等・幅広くご紹介しております。

ページタイトル

船外機の運搬・保管方法

コンテンツ

運搬

ここでの船外機運搬は、車中搭載を想定しています。車のスペース上、船外機は横置きとなるので、特に燃料漏れに対して注意を必要とします。
(1) ニュートラルにてエンジンを停止し、エアベントスクリュウを締めます。
(2) 燃料コックを閉じます、もしくは、コネクターを外します。
(3) 船外機をボートより取り外し、立てた状態でギヤケースの水を排出します。
(4) 船外機を立てた状態にて車まで運びます。
(5) 船外機を取扱説明書に明記してある方向に寝かせ車に載せます。船外機の下にはクッションとなる毛布等を
       敷きます。
(注)船外機が車中にある限り火気厳禁です。ノースモーキングは当然。運搬中はガソリンの臭いに留意し、
       もしも臭いがしたらチェックのうえ対処します。

保管

船外機を長持ちさせるには、保管前の手入れと保管状態がポイントとなります。
(1) 冷却水系統を洗浄し、完全に排水します。外側も真水で洗い、乾布にて拭き取ります。
(2) 電装品を乾布にて拭きます。
(3) 燃料タンクの燃料は勿論のこと、キャブレタまでの燃料を抜き取ります。
(4) スパークプラグを外し、プラグ穴よりエンジンオイルを少量注入しリコイルスターターを数回引きます。
     そしてスパークプラグをリセットします。
(5) エンジンオイルを交換します。(4サイクルエンジンのみ)
(6) ギヤケースオイルを交換します。
(7) プロペラシャフトにグリスを塗ります。
(8) 各摺動部、ボルト類にグリスを塗ります。
(9) 湿気が少なく、直射日光の当たらない所に直立しておきます。

      ※(3)、(5)及び(6)項は販売店やサービス店に依頼するほうが好ましい。


<< 16. 日常メンテナンス  
【参】MRN:サイドナビ

ページトップへ