ページタイトル

防災事業

コンテンツ

信頼と安心・安全

消防車が出入りできないような火災現場。そこで人々の生命や財産を守るのが、持ち運びのできる「可搬消防ポンプ」。1949年に日本初の可搬消防ポンプを開発・販売。国内シェア50%を超えるトップメーカーとして製品を送り出しています。

環境にやさしいポンプとして、4ストロークエンジンを搭載した「VF」シリーズが誕生。クリーンで低騒音、低排煙、低燃費を実現。また火災現場はもちろんのこと、「全国消防操法大会」という競技の場でも上位を独占する高性能ポンプ「PRO」シリーズもライナップ。こちらはユーザーの声を取り入れてさらに進化した「PROⅡ」をリリースし、今後の大会でのさらなる活躍が期待されます。
可搬消防ポンプだけではありません。遠隔操作を可能にした設置型の消防ポンプも製品化しており、重要文化財の建造物やホテル、工場といった火災に対する備えの必要な場所を中心に導入が進められています。なおかつ消防ポンプを積載・運搬するための消防車輌や各種防災関連商品、さらに「救助」にかかわる各種資機材を豊富に取り揃え、お客様の幅広いニーズに対応しています。

可搬消防ポンプは海外にもありますが、エンジンとポンプを自社開発する専門メーカーは日本だけ。これだけコンパクトで高性能な消防ポンプは、他国では類をみません。 海外の防災展などではこのサイズと性能が驚嘆と賞賛を持って受け止められ、メイド・イン・ジャパンへの信頼と相まって着実に海外での販売を拡大しつつあります。世界の人々を、火災から守る。「社会貢献」というトーハツの思いは今、世界の空へと羽ばたいています。

トーハツの消防ポンプには軽4輪駆動消防車、デッキバン消防車、ワンボックス軽消防車、水槽付または照明付全自動消防車などがあります。

厳しい「全国消防操法大会」に挑む操法モデル

環境に配慮した4ストロークエンジン搭載ポンプ。低騒音・低排煙・低燃費を実現。

遠隔操作を可能にした設置型の消防ポンプ。

全国消防操法大会で上位独占

大規模な地震や災害が多発している近年、地域の防災力の向上が大きな課題となっております。いつ起こるか分からない災害に、常備消防(消防署)だけでは限界があります。そこで全国に約89万人いる消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るため、全国消防操法大会が開催されており、当社の消防ポンプを使用した団体が毎回上位に名を連ねています。全国消防操法大会では、出場消防団の使用するポンプのうち、約80%が当社の消防ポンプです。このようにトップメーカーとして、防災力のさらなる向上に大きく貢献しています。

操法大会イメージ

ページトップへ